宗像市消防団 市役所・県総合庁舎合同分団を設立します

 

 宗像市は、平日昼間の消防団員不足に対応することを目的に、市及び福岡県職員等(注1)を構成員として、勤務時間内の消火や捜索に限定して活動する機能別分団(注2)である「宗像市消防団 市役所・県総合庁舎合同分団」を新たに設立します。

 市と県は、これまで連携して、市役所とこれに隣接する県宗像総合庁舎(注3)に勤務する職員に対し、当該分団への入団を呼びかけてきました。

 市・県合同による機能別分団の設立は、全国初の試みとなります。

 注1:宗像市社会福祉協議会職員1名が参加予定

 注2:消防団に設置される分団のうち、特定の活動・役割のみ実施する分団

 注3:県宗像総合庁舎内の県出先機関:北九州県土整備事務所宗像支所

                   宗像・遠賀保健福祉環境事務所

 

 
1 入団予定者
 ・入団予定者:25名(市職員12名、市社協職員1名、県職員12名)
   
       (男性18名、女性7名)
 ・定員:25
 
2 活動内容等
 ・活動時間:平日8:301700
 ・活動内容:活動時間内に発生した火災出動、行方不明者捜索
 ・訓練:月1回程度の訓練を実施(設立後の1月〜3月については月3回程度実施)
 ・活動範囲:市内全域
      
3 装備等
 ・消防ポンプ自動車を配置予定
 
4 結団式等
 ・平成27年1月5日(月) 結団式を開催
 ・平成27年1月12日(月) 宗像地区消防出初式(場所:県消防学校(福津市))に参加

 

▲ 初めての規律訓練

▲ 結団式の決意表明




 

 







 

▲ 3月の訓練風景

▲ 放水訓練も実施しています







 

消防と救急

ページの先頭へ戻る