福岡県防災講演会〜シニア災害ボランティアセミナー〜開催のお知らせ

目的

 東日本大震災や熊本地震、九州北部豪雨など、近年大規模な自然災害が全国各地で発生しています。このような災害からの被害を最小限にとどめるためには、住民一人ひとりが今後起こりうる災害のリスクについて認識し、自分の身は自分で守る「自助」、自治会や自主防災組織など地域で互いに助け合う「共助」に関する知識を蓄え、いざというときに実践できるよう備えておくことが大切です。

このため、福岡県と一般財団法人地域社会ライフプラン協会が共催で、地域防災活動やボランティア活動の更なる充実に資することを目的として講演会を開催いたします。

 

日時:平成29年9月1日(金) 13時30分〜16時 受付は13時00分から

 

場所:八重洲博多ビル 11階 貸しホールA 

(〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-18-30)

    ※JR博多駅(筑紫口)から徒歩約5分

講演会内容

1.「『足元に活断層がある!』と知ったとき、どうしますか?」

産業技術総合研究所 宮下 由香里

2.「避難(所)生活で犠牲者を発生させないために〜国のガイドラインも踏まえた支援のあり方とは?」              減災と男女共同参画 研修推進センター 浅野 幸子

 

対象:県・市町村職員、消防本部の防災担当者、地域住民、自主防災組織リーダー、災害ボランティア、防災士等

 

定員:130名 ※応募者多数で会場定員を超えた場合には、先着順とさせていただきますのでご了承ください。選外となった方にのみ、ご連絡をいたします。

 

参加費:無料

 

主催:福岡県、一般財団法人地域社会ライフプラン協会

申込方法:申込書に必要事項を御記入の上、FAXかメールで8月25日までに送付してください。

〇FAX番号 092-643-3117

〇E-mailアドレス boushi@pref.fukuoka.lg.jp

バックナンバー

ページの先頭へ戻る