“災害図上訓練”をやってみませんか?
 

 


〜災害図上訓練で、いざというときの自分たちの力を知ろう〜

 

福岡県では、住民の皆さんに災害を知り、まち(地域)を知ってもらい、

災害時の被害をできるだけ少なくしていただくために、災害図上訓練を実施

します。

この訓練を通じて、災害時はもちろん、日頃から地域の皆さんが一緒にな

って防災活動に取り組むための組織である自主防災組織の設立を推進してい

きたいと考えております。

町内会行事の一環として、災害図上訓練に取り組んでみてはいかがですか。

町内会などで図上訓練をやってみたいと思われる方は、県消防防災課に

一度ご相談下さい。

 

1 開催日時

    開催日:土・日時間外も可

    時 間:3時間程度

 

2 場 所

  地域の公民館等

 

3 参加人員

  1回40名程度

 

4  その他

    訓練用の資機材は、全て県で用意します。

    訓練会場(公民館等)は、町内会で確保願います。

 

 

 

 


 

当 日 の 予 定 

 


T 福岡県の災害及び自主防災組織についての講義(30分)

  福岡県で発生する災害の特徴、自主防災組織の必要性などをお話しします。

 

U 災害図上訓練の準備・説明・訓練(2時間30分程度)

災害図上訓練は、地図を使用しながら災害発生後の応急対策について時間経過を追っ

て、シミュレーションする極めて実践的な訓練です。災害時に実際に発生する可能性の

高い様々な状況を模擬的に体験することにより、自分たちの住んでいる町をもう一度見

直し、地域のコミュニケーションの必要性、自主防災組織の必要性を考える機会となる

でしょう。

 

※ 実際に地図を広げて、書き込みを行い、災害の危険性がある場所などを、皆さんで

確かめ合います。話し合った意見を発表しながら進めますので、地域の方々とのコミ

ュニケーションを図る機会にもなるでしょう。