福岡県の気象災害の特色

1 台風災害
 

   ○ 台風の年間発生数の平均値(昭和56年〜平成22年の30年平均)は、
    約25.6個です。このうち、福岡県を含む九州北部地方への接近・上陸は
    約3.2個です。 

   ○ 台風は7月〜9月を中心として、福岡県に接近・上陸しますが、秋の台
    風には大型のものが多く見られます。また、梅雨期や秋雨期など、福岡県
    付近に前線が停滞しているとき九州の南海上に台風があると、台風から
    暖湿気が流れ込んで前線が活発化し、大雨による災害の危険性が高くなり
    ます。

   ○ 昭和20年9月に鹿児島県枕崎市付近に上陸後九州を北上した枕崎台
    風は、福岡県にも大きな被害を与え、死者・行方不明者は87名に達しま
    した。 

   ○ 平成3年9月に長崎県に上陸し、福岡県を北東に通過した台風第17号・
    19号では、死者・行方不明者14名、負傷者765名、家屋の全半壊
    4,448棟に達し、風倒木等により農林業も大きな被害を受けました。

   ○ 平成11年9月に熊本県北部に上陸後福岡県を通過し、周防灘に進んだ
    台風第18号では、周防灘沿岸で大きな高潮災害が発生しました。

(1) 台風による強風害

   ○ 一般に台風の進行方向に向かって右側は左側に比べて風が強く、福岡県が
     台風の進路の右側に当たる場合には、その強風害に特に注意を要します。

(2) 台風による水害

   ○ 盛夏期の台風には進行速度の遅いものがあり、このような台風が接近する
     と長時間にわたり大雨を降らせることになるので、警戒が必要です。

   ○ 福岡県付近に前線が停滞しているときに台風が九州の南海上にあると、台
     風からの暖湿気の流入で前線が活発化し、福岡県で大雨が降ることがあり
     ます。その場合は、台風が遠くにあっても注意が必要です。

   ○ 台風が福岡県の西を通る場合は、筑紫山地の南側及び熊本県境付近で雨量
     が多くなり、福岡県の東を通る場合は、筑紫山地の北側で雨量が多くなる
     傾向にあります。

(3) 台風による高潮害、高波害

   ○ 吸い上げ効果・・・・台風や低気圧の中心では気圧が周辺より低いため、
               気圧の高い周辺の空気は海水を押し下げ、中心付近
               の空気が海水を押し上げるように作用する結果、海
               面が上昇すること。

   ○ 吹き寄せ効果・・・・台風や低気圧に伴う強い風が沖から海岸に向かって
               吹くと、海水は海岸に吹き寄せられ、海岸付近の海
               面が上昇すること。

   ○ 高潮害とは、吸い上げ効果と吹き寄せ効果によって海面が上昇し、陸地に
     浸水して被害を発生させることをいいます。

   ○ 台風接近時には、6mを超える高波が発生することがあり、高潮と重なる
     と海水が防波堤を乗り越え、時には破壊して浸水害を増大させます。

   ○ 遠浅の海や、風が吹いてくる方向に開いた湾の場合、地形が海面上昇を助
     長させるように働き、特に潮位が高くなります。また、台風による高潮で
     潮位が高くなっているときに高波があると、普段は波が来ないようなとこ
     ろまで波が押し寄せ、被害が拡大することがあります。

   ○ 福岡県では、有明海に南よりの風が吹くとき、周防灘に東よりの風が吹く
     とき、玄界灘に西〜北風が吹くときは、高潮の発生する恐れがあります。

戻る