子どものための防災MAP

 

《作成目的》

  この防災マップは、地震などの災害時に家族全員が安全に避難することができるよう、平常時から避難所までのわが家の避難ルートマップを作成しておくための教材です。家族で危険箇所をチェックしながら避難ルートを歩いてみるなど、楽しみながら防災マップを作成していただきたいと考えております。

 

《活用方法》

 このリーフレットの活用方法の一例を紹介します。

@       各家庭で防災MAPを作成する際のテキストとして活用する。

A       公民館や子供会活動の一環として「避難ルートマップづくり」のワークショップ(下記参照)を開催する際のテキストとして活用する。

B       小学校における防災教育に活用する。

 

(地域ワークショップの開催例)

  ◆1日コース(4〜5時間程度)の場合

    1)参加者自己紹介 〜自分の家を地図で探そう〜

    2)自然災害にはどんなものがあるかな。(チェックポイントの抽出)

    3)災害が発生したらどこに避難するのかな。(避難所の確認)

      また、どの道を通って避難するのかな。(複数の避難ルートを想定)

    4)避難ルートを歩いてチェック(フィールドワーク)

    5)歩いてチェックしたものを地図に書き込んで「わが家の防災MAP」完成

   ※ ワークショップに関するお問い合わせ先

     福岡県消防防災課防災指導係 電話:092−643−3113  

 

 

 「子どものための防災MAP」

    災MAP  表紙

    防災MAP  P1〜P2

    防災MAP  P3〜P4

    防災MAP  P5〜P6

    防災MAP  P7〜P8

    防災MAP  P9〜P10

    防災MAP  P11〜P12

    防災MAP  P13〜P14