福岡県防災ホームページ Fukuoka Disaster Prevention Information

マイ・タイムライン(避難行動計画表)

  • 近年、災害が頻発

  • 自分の命は自分で守る

  • マイ・タイムライン で備える

  • 早めの行動がとれる

いざというときのために、気象・避難情報(警戒レベル)に応じた行動例をまとめました。
さあ、マイ・タイムラインを見てみよう‼︎

ステップ1
チェックしてみましょう。(複数選択可、チェックなしも可)

チェックした内容に応じた行動例を表示します。

ステップ2

マイ・タイムライン(大雨・台風時の行動例)

早期注意情報
(警戒レベル1)

災害発生の危険性はまだ低い段階

行動例

テレビやスマートフォンなどで気象情報を確認しましょう。

備蓄品や非常用持ち出し袋を確認しましょう。

ハザードマップであらかじめ危険な場所を確認しましょう。

最寄りの避難場所と経路を確認しましょう。

原則として、車や自転車は使わない。

大雨・洪水・
高潮注意報
(警戒レベル2)

災害発生に対する注意が高まってきた段階

行動例

非常用持出品を用意して、避難の準備をしましょう。

ガスの元栓やドア、窓の戸締りをしましょう。

大雨・洪水警報
高齢者等避難
(警戒レベル3)

避難に時間を要する人(高齢者・障がいのある人、乳幼児等)とその支援者は避難しましょう。

行動例

福岡県防災アプリ・ホームページで避難所の開設状況を確認しましょう。

テレビやスマートフォンで気象情報だけでなく、降水量や浸水の状況を確認しましょう。

土砂災害警戒情報
氾濫警戒情報
(警戒レベル4)

危険な場所(洪水・土砂災害の恐れのある所)から全員避難しましょう。

行動例

自治体から避難指示が発令されたら、速やかに避難しましょう。

避難するときは、2人以上で行動しましょう。

大雨特別警報
氾濫発生情報
緊急安全確保
(警戒レベル5)

既に命が危険な状況。直ちに安全確保をしてください。

行動例

避難場所までの移動が危険な場合は、自宅や近隣のより安全な場所(2階以上、山面と反対側など)へ避難しましょう。

マイ・タイムライン(地震発生時の行動例)

日頃の備え

行動例

出入口に家具は置かないようにしましょう。

家具を固定して、転倒を防止しましょう。

地震発生時

既に命が危険な状況。直ちに安全確保をしてください。

行動例

テーブルやベッドの下にもぐって身を守りましょう。

可能であれば、窓やドアを開けて出口を確保しましょう。

ガラスや瓦の飛散、ブロック塀や切れた電線に気をつけましょう。

地震後にエレベーターは使用しないようにしましょう。

気象状況や警戒レベルが発表されるタイミングは状況により変化します。状況によっては、計画より早めに避難行動を起こすことも大切です。

備蓄チェックシート

このチェックシートで備蓄の確認をしましょう。

  • 非常食 3日分/1人
  • 飲料水9リットル/1人(3日分)
  • お菓子
など
  • 通帳
  • 保険証
  • 免許証
  • 印鑑
など
  • 救急用品セット(ばんそうこう、消毒液等)
  • 持病の薬
  • お薬手帳
など
  • マスク
  • ウェットティッシュ
  • 生理用品
など
  • 手袋
  • タオル
  • ハンカチ
など
  • 下着
  • 上着
  • 毛布
など
  • 非常用持ち出し袋(リュックサックなど)
  • 懐中電灯
  • ヘルメット
など
  • スマートフォン等の充電器
  • モバイルバッテリー
  • ラジオ
など
  • カセットコンロ
  • カセットガス
  • 固形燃料
など